ジェネリック医薬品の安い理由や、安全性などについて説明します。スーパーカマグラもジェネリックです。

  1. スーパーカマグラで早漏克服
  2. ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品は日本でもかなり普及してきて、薬局などでも見かける機会が増えたのではないでしょうか。安い薬という事はご存知の方が多いかと思いますが、なぜ安いか、そもそもジェネリックとはどんな薬なのかご存知でしょうか?

ジェネリック医薬品とは?

まず、医薬品には先発薬と後発薬のジェネリック医薬品の2種類があります。新しい薬が販売されると薬は特許というもので20年程度守られ、他の製薬会社はその薬を販売する事は出来ません。薬の開発には莫大な予算と年月がかかりますので、新薬を販売した会社は、この利益によって開発費などを回収します。この制度がなければ、新しい薬を開発しようという会社はなくなってしまい、医薬品の発展が見込めなくなってしまう為、大変重要な制度です。

価格、成分、安全性は?

そして、新薬の特許が切れた後に他の会社から販売されるのがジェネリックです。既にある薬の成分なので開発には費用も時間もそれほどかからない為、先発薬の2割から7割程度の安さで販売されます。

ジェネリック医薬品は有効成分の種類・量、用法用量、効果効能は先発薬と同じでなければいけないという決まりがあります。変えてもいい部分は、薬の形、色、味、添加物などです。ジェネリックの方が飲みやすい形や味にされている事もあります。安全性についても、厚生労働省の厳しい審査があり、それをクリアしてようやく販売されます。ですので、新薬とジェネリックは効き目や品質はほぼ同じです。

スーパーカマグラはジェネリック医薬品になり、特にED治療薬はジェネリックが様々な種類があります。バイアグラは特許が切れているので国内でもジェネリックが販売されていますが、価格は1000円前後と、先発薬のバイアグラとほぼ変わらないものがほとんどで、あまり意味がありません。

インドのジェネリック医薬品

薬事法が異なるインドでは、まだ他国では販売されていないジェネリックが先発薬の半額以下で販売されています。インドの薬の品質は世界最高水準です。スーパーカマグラなどは、日本では通販で購入する事が出来ます。少しでも安く薬を購入したい方は、このようなジェネリックがお勧めです。