早漏の克服に最も適したトレーニングがスクイーズ法です。早漏克服のために発案された伝統的な早漏トレーニング法です!

  1. 早漏とEDを撃退.com
  2. 早漏改善トレーニング
  3. スクイーズ法

スクイーズ法

早漏改善のトレーニングでスクイーズ法とセマンズ法とあります。ここではスクイーズ法による早漏改善について詳しく説明していきます。この方法は1970年に米国の性科学者マスターズ&ジョンソン夫妻によって発案された理論です。自律神経を鍛える脳内型の早漏改善トレーニング法です。スクイーズとは日本語に訳すと(ギュッと握る)という意味です。

このスクイーズ法を行うことで、徐々に射精をコントロールすることができるようになります。早漏の人はこの射精をコントロールすることが出来ずに、まだ射精をしたくない所で勝手に射精をしてしまいます。早漏では無い人は、射精をある程度、脳内でコントロールすることができるのです。スクイーズ法は繰り返し行うことで、自分の射精感を知り、射精したい時に射精できるようにするための脳内トレーニングでもあります。

とても感覚的なことですが、繰り返し行う事で、その感覚をつかめるようになります。実際にスクイーズ法は海外でも評価の高い早漏改善のトレーニング方法なのです。

スクイーズ法のやり方

スクイーズ法は基本的に1人で行います。やり方はとても簡単です。普段通りにマスターベーションをします。射精する手前まで続け射精しそうになったらカリ首の部分をギュッと抑え射精を抑えます。ここで重要な事は>射精感をつかむことです。この流れを最初は2~3回繰り返しましょう。大体5~10分程度の休憩を挟みつつ、2回、3回繰り返し行いましょう。

大体、週2~3のペースで行いましょう。数を多くこなした方がもちろんいいですが、最初のうちはコツを掴むことが大切です。そして、スクイーズ法は、時間を掛けて続けてゆくことが大切なのです。

また普段、自慰行為(オナニー)をする場合に、少しでもスクイーズ法を意識してオナニーをする事でより、早く早漏を改善することができます。早漏の原因の1つとして、オナニーの悪い癖というものもあります。時間がない人はオナニーはできるだけ早く済ませてしまう人が多いとは思いますが、早漏の人は、できるだけ時間を掛けるようにしましょう。オナニーを早く終わらせる癖で早漏を患ってしまうケースも実際にございます。

スクイーズ法のやり方

・マスターベーションでペニスを刺激させる
・マスターベーションには時間を掛ける(5~10分程度)
・射精したくなったらカリ首をギュッと抑える
・射精感がおさまったら、マスターベーションを再開する
・トレーニングの最後はしっかりと射精をする

※スクイーズ法をする際に注意して欲しいことがあります。スクイーズ法をしている最中に、我慢できずに、既に精液が出てしまった場合は無理やりに抑えないようにしましょう。スクイーズ法はあくまでも射精感を抑えるものであり精液を止めるものではありません。

この辺は注意し、スクイーズ法をより効果的に行うテクニックを幾つか紹介していきます。

スクイーズ法の効果

スクイーズ法の効果

スクイーズ法はセマンズ法と並び、とても、治療効果の高い早漏改善トレーニングです。マスターベーションをする際に、射精する前後を意識し、射精しそうになったらカリ首近辺を指で抑え、射精するのを抑えます。とても簡単なトレーニングです。この射精を我慢するという所がスクイーズ法の大事な所です。

射精しそうになっても、射精を抑えることで自分の射精感を知れます(冷静になり自分の射精感を見つめることができます)この自分の射精感を知るということが、スクイーズ法の肝です。それはセマンズ法でも同じことが言えます。何度も繰り返し射精を抑えることで、自然に射精感を知ることができます。何度も射精を抑えることで、緊張や焦りから来る射精感も抑えることができます。

それは本番の性交中にでも、落ち着き、自分の意思とは裏腹に射精をするということはなくなっていくのです。しかし、そこまで達するには、日ごろの早漏トレーニングの積み重ねが必要となります。実際に海外のスクイーズ法の調査結果でも90%以上の人が効果があったという報告があります。

ただし、効果を実感できるまでには、ある程度の時間が必要となります。筋力トレーニングと似ていて、トレーニングしたからと言ってすぐには筋力はつかないものです。それと同じ感覚だと思っていていいでしょう。最低でも3ヶ月~半年、1年ぐらいは時間は掛かると思っていた方がいいでしょう。

この方法に慣れてくると自分の射精感が分かってきます。この射精感を遅らせる事ができれば早漏の改善ができます。医学的に言うと脳の誤作動を修正する事です。射精感を知り射精のタイミングをコントロールしましょう。

※射精時期は脳が命令を出しているという仮説に基づいて書いています。また射精感は非常に感覚的な所でありますので個人差が生じます。また精神的な面も深く関与しています。

早漏の原因


スクイーズ法で得られる効果を下にまとめてみました。

・射精感を知ることができる
・亀頭を強化できる
・PC筋を強化できる
・トレーニングの経験により自信がつく

射精感を知れる

射精感を知ることで、射精をコントロールすることができます。射精感とは脳、自律神経と密接に関係しています。早漏の人の多くはこの射精感を知らずにコントロールできないことにより、早く射精をしてしまいます。しかし、スクイーズ法で射精寸前に運動をストップして、射精をしない訓練をすることで、この射精感を鍛えることができます。厳密に言うと脳に射精を我慢させることを覚えさせるのです。同時に自律神経の訓練にもなっているということになります。

亀頭が強化される

亀頭を強化することで、ある程度の刺激に慣れることができます。継続的にスクイーズ法を行うことにより、亀頭は刺激に慣れていくことができます。早漏の調査によると、包茎の人に早漏が多いというデータがあります。包茎の人は皮により亀頭が保護されているために、亀頭が敏感になっているからだとも言われています。亀頭を強化することで早漏改善に繋がります。

PC筋を強化できる

PC筋は恥骨仙骨筋といい、肛門とペニスの付け根の間あたりにあり、おしっこを止める時に使う筋肉です。ここの筋肉を鍛えることで、射精を寸前に止めることが可能となります。PC筋のみを鍛える強化トレーニングもありますので、こちらもご参考下さい。

PC筋トレーニングのやり方

効果的なトレーニング法

スクイーズ法の効果

スクイーズ法はパートナーがいなくてもできる早漏改善トレーニングです。一人でトレーニングするが故に、孤独との戦いでもあります。自分は何をしているんだろう?等と思ったりするかも知れません。ですので、初めてスクイーズ法をする場合は、最初から意気込んでやる必要はありません。

最初は楽しみながらやるということが大切です。例えば自慰行為をする場合、ちょっとずつスクイーズ法を試してみるというぐらい、軽いノリの方が、きっと早漏改善トレーニングを長く続けるきっかけになると思います。何よりも継続することが大切なのです。最初のうちはトレーニングの事はそこまで意識しないでいいでしょう。

更に楽しく続けるために、テンガ、オナホール、リドカインなどと言ったグッズを利用するのも、より楽しくスクイーズ法を楽しめることができますし、いつもと違う性的な強い刺激でする事でより効果的なトレーニングとなります。しかしトレーニングと名のつくもの全ては、一朝一夕では効果はでません。継続する事が何よりも大切です。続ける事でもし、EDの合併症で早漏を患ってしまっている人の場合は、早漏改善トレーニングを行うことでEDの改善・予防にも繋がります。

スクイーズ法のテクニック

スクイーズ法のテクニック

初心者の人にはスクイーズ法は最初は困難なことが多いです。射精したくなっても止めないといけないからです。初心者の人にとっては、これはとても大変なことです。ここで、スクイーズ法のコツを幾つか書きます。まずペニスの持ち方ですが、人差し指と親指の2本を使います。人差し指で裏筋部分を抑えこみます。

この時、親指は上から亀頭部分を押える程度で大丈夫です。2本の指だけではやり辛い場合は、他の指も使用しても大丈夫です。スクイーズ法をする時は人差し指で裏筋部分に圧力を掛けて射精をストップさせます。最初のうちは漏れてしまったりなどしてしまう場合がありますが、根気良く続けていきましょう。自分の射精する癖などを知ることができます。 そして、射精感を抑えるツボがありますが、これについては人それぞれ、場所が違います。大体の人はペニスの根元を指で押えると射精感が治まる人が多いようです。その辺を頭に入れておき、スクイーズ法をやりましょう。

早漏改善グッズを使用するやり方

オナホールテンガリドカインなどと言ったオナニーグッズを使用する事で、よりスクイーズ法の効果を得る事ができます。これは道具を使用するのでテクニックといえるものではありませんが、しかし、自分の手を使用しないということで、より高い効果を得ることが可能となります。海外でもスクイーズ法でリドカインを使用する人は多くいて早漏改善の実績があります。

リドカインを購入する

そして特に最近のオナホール、テンガなどは、目まぐるしく開発が進み、女性の膣圧を忠実に再現してあり、本物さながらの感覚を得ることができます。 こういった小道具を使用することで飽きずに継続的にスクイーズ法を続けてゆくことができます。

パートナーに協力してもらう方法

もし、パートナーがいて、スクイーズ法に協力してくれるのでしたら、ペニスの根元を押えてもらいながらオーラルセックスをしてもらう方法があります。これが基本的なスクイーズ法のやり方となります。最初は2~3回繰り返し、慣れてきたら、5~6回、7~8回と回数を増やしていきましょう。

1回のスクイーズ法で10回までできるようになると、かなり早漏は改善されてきていると思ってもいいでしょう。しかし、パートナーがいないからスクイーズ法をやるしかありませんが、特殊な方法ですが、もし風俗店などを利用するという方法もあります。

そういった場所でスクイーズ法でしてもらうという裏技があります。こちらのテクニックは少々、費用が高く掛かってしまい、また人により嫌がる風俗嬢もいますので事前に確認しておく方がいいでしょう。この方法はあまりおすすめできませんが、もし、風俗などのような場所を利用するのであれば、是非、トライしてみてもいいかと思います。

スクイーズ法のメリットとデメリット

スクイーズ法のメリットとデメリット

スクイーズ法で早漏の治療はできるか、できないかはその人のやる気次第な所があります。医学的な治療効果は100%立証はされてはいません。薬を使用せずに治療するということで、平たく言えば民間療法ということになります。スクイーズ法をやるに至ってメリットとデメリットを今回、紹介していきます。

スクイーズ法のメリット

スクイーズ法のメリットとしては、お金を掛けずに出来る、薬を使用せずに早漏を改善・治療することができる。この2つでしょう。更に早漏治療薬のスーパーカマグラ外用薬のリドカインなどを使用することで、より早い段階で早漏改善の効果は得られます。継続してスクイーズ法をすることで、射精するタイミングなどを掴むことができます。

これはスポーツと似た感覚ですが、練習を繰り返しすることで、出来なかったことができるようになります。スクイーズ法は治療法ではなく、あくまでもトレーニングです。とにかくコツを掴むことが何よりも優先されます。射精感を知り、射精をコントロールできるようにしましょう。

そして定期的にスクイーズ法を行うことで精力・性欲アップする効果もあります。また個人差はありますが、スクイーズ法を継続的に行うことで、陰茎のサイズが大きくなったという人も多くいるようです。これはスクイーズ法の副産物と言えます。

スクイーズ法のメリット

・費用を掛けずに改善・治療できる
・薬を使用せずに改善・治療できる
・治療薬を利用する事で早く治療する事ができる
・性欲・精力が向上する
・陰茎のサイズが大きくなる

スクイーズ法のデメリット

デメリットとして上げられるのは、早漏が改善するまで、時間が掛かるということです。1~2週間で射精を遅らせることはできません。最低でも3ヶ月、半年間続けることで効果を実感していくことができます。長い人で1年以上は掛かる人もいます。スポーツと一緒ですぐに上達する人となかなか上達が遅い人がいるようにスクイーズ法もまた同じです。

疲れている時はスクイーズ法ができないという点もデメリットとしてあげられます。無理にスクイーズ法をするのは、返って逆効果を生むことがあります。

スクイーズ法のデメリット

・効果が出るまで時間が掛かる
・疲れているのに無理にするのは逆効果を生む

これらを見て頂けると分かるように、スクイーズ法は良い側面もありますが、悪い側面もあります。この事を念頭に入れてスクイーズ法を試してみて下さい。 早漏を早く治療・改善したいという方は、スーパーカマグラを服用する事をおすすめします。

スクイーズ法で注意すること

スクイーズ法で注意する事

スクイーズ法は毎日やることで、とても効果が得られる早漏改善トレーニングです。しかし、スクイーズ法をやるに当り、注意しないといけないことがあります。それは絶対にスクイーズ法を終える時は必ず最後は射精しましょう。

スクイーズ法を終える時、射精せずに終わってしまうと、逆行性射精という射精障害を患ってしまう可能性があります。逆行性射精とは精液が尿道で逆流し、射精感はあるのに、射精できなくなってしまう病気です。また同時に不妊症になってしまう恐れもありますので、その辺は注意するようにしましょう。

必ずトレーニングの最後はきちんと射精してから終了するようにしましょう。 そして、スクイーズ法を行う場所ですが、良くお風呂のついでにスクイーズ法をしようと思う人がいるとは思いますが、お風呂でのスクイーズ法は控えるようにしましょう。スクイーズ法は射精の寸止めを繰り返し行うことで、血圧はかなり上昇しています。お風呂に入ることで、血圧は普段より高くなっています。 ですので高血圧の急性症などが現れる危険性がありますので、入浴後のスクイーズ法は避けましょう。

スクイーズ法では早漏は改善できない?

スクイーズ法では早漏は改善できないということを耳にすることがあります。 しかし、スクイーズ法、セマンズ法で早漏を改善、克服した人は実際におられることは事実です。特に海外ではスクイーズ法は(SQUEEZE TECHNIQUE AND START-STOP METHOD)として実績も多く、とても効果の高い早漏改善方法だと言われているのも事実です。

しかし、スクイーズ法では改善できなかったという意見も多いのは、途中でスクイーズ法をやめてしまった人達だと思われます。確かに、スクイーズ法は効果が出るまでは時間が必要です。定期的に行うことで、徐々に改善していきます。残念ながら即効性はありません。そして何度も書いてはいますが、スクイーズ法を行う時、やはり射精感をかなり意識してすることが大切なのです。射精感を知り、自分でコントロール(射精感の減速)できるようになると、早漏は徐々に改善されていきます。

しかし、スクイーズ法で早漏が治るメカニズムは、医学的な見地からは残念ながら、立証はされてはいませんが、トレーニングを続けていくことは大切です。必ず改善、治療をすることはできますので、諦めないで続けて下さい。大事なのは日々の積み重ねです。スクイーズ法で早漏を改善、治療をするのは困難で長い道のりです。個人差により半年、1年以上かかる人はいらっしゃると思います。時間を掛けたくない人はスーパーカマグラのような早漏治療薬を服用する方がいいでしょう。

スクイーズ法の評判・口コミ

スクイーズ法の評判と口コミ

スクイーズ法の評判と口コミを一部、集めて掲載しました。効果がある人、無い人と賛否はあるようです。少しでも皆様の参考になればと思っています。

群馬 千歳さん 36歳

スクイーズ法で大分、長持ちになるようになりました。しかし、まだまだ世間的には早漏ですが、今後もスクイーズ法は続けていこうと思っています。

福岡 メレンゲさん 27歳

1ヶ月ぐらいスクイーズ法はやってみましたが、そこまで効果は得られませんでした。やり方が悪かったのかも知れないですが、自分はリドカインが効果的でした。合う合わないというものはやはりあると思います。

北海道 きたおさん 32歳

スーパーカマグラ+スクイーズ法でかなり早漏は改善することができました!最初は挿入して1分ぐらいだったのですが、スーパーカマグラを飲んだ後のスクイーズ法を3ヶ月、みっちりやってみた所、徐々に効果が現れてきました。今も続けていますが、挿入して5分ぐらいは保てるようになりました!

島根 時雄さん 52歳

50代になり射精までが、とても早くなりました。スクイーズ法を知ってから、必ず自慰をする時はスクイーズ法を織り交ぜ、トレーニングをしています。さすがに毎日はできませんが、週1~2回のペースでやっています。まだ始めて間もないので効果は実感できませんが、性欲はかなり高くなり、それが何よりも嬉しいですね。

愛知 Tさん 48歳

医学の進歩が進み早漏の手術などある中、何てアナログな手法なんだと思っていましたが、なかなか捨てたものではありません。やり始めて2ヶ月目です。大体、月5回ぐらいのペースでやらせてもらっています。妻にも手伝ってもらっていて、スクイーズ法のお陰で夫婦仲も保てているといった感じです。射精感というものを意識して、自分でも少しだけですが、射精を制御できるようになってきました。まだまだ先は長いですが続けていくつもりです。スーパーカマグラを利用してのスクイーズ法を試してみようと思っています。

自慰行為(オナニー)の癖を見直そう

早漏の原因の1つに自慰行為(オナニー)の悪い癖というものがあります。男性の場合はどうしても、自慰行為をしないといけない場合があります。これは仕方のないことです。しかし、自慰行為をする際には、スクイーズ法でとまでは言いませんが、ある程度、時間をかけるようにしましょう。

悪いオナニーは早く済ませてしまうことです。これも気をつけなければなりません。早く終わらせることで、これも脳の記憶が早く終わることをインプットしてしまう場合があるので、オナニーをする際は、できるだけ時間を掛けるようにしましょう。3分以内には終わらせないようにしましょう。こういった小さな積み重ねもとても大事です。

長く続ける事で早漏を改善できます

スクイーズ法は伝統的な早漏解消法です。しかし、「ローマは1日にして成らず」スクイーズ法もそうです。即効性はありません。改善の効果が現れるのは最低でも数ヶ月、もしくは数年、効果が無い場合もあります。すぐにでも早漏を改善したいと思うなら、スーパーカマグラを服用するのがいいでしょう。スーパーカマグラを服用しながら行うスクイーズ法はより効果を高め、早く早漏を克服する事ができるでしょう。実際にスーパーカマグラの臨床試験で7割以上が射精までの時間は3~4倍に伸びたという事が発表されています。

スクイーズ法の体験談

スクイーズ法の体験談

20代後半から急に早漏になり、早漏を治療するグッズなどを試してみたのですが、一向にうまくいかず、彼女は私が早漏であることは知ってはいるものの、私に強く当たることもなく、優しく見守っていてくれました。

何かそれが余計に悲しく、そんな彼女に時折、強く当たったりしてしまっていました。自分の周りの友達にも早漏の相談なんてできなくて、病院に言っても早漏の手術ばかり紹介され、もちろん、若い自分には50万も掛かる早漏の手術は受けることも出来ずに、どうしようかと悩んでいました。

インターネットを使って早漏について色々と調べていると、スクイーズ法の事を知りました。しかし、その時の私はこういった方法があるんだとは思っただけでした。その時は色々な早漏防止の方法、某有名AV男優の早漏防止法などを試しても全く早漏が改善されなかったという事もあったので、ただ、その時は読み流していました。

しかし、スクイーズ法を調べていくうちに、スクイーズ法は医学的に精通しているということが分かりました。早漏の原因の多くは脳と心の問題にあるということが書かれてありました。射精する瞬間を知るという事がとても大事だということを学び、その日からスクイーズ法を試してみることにしました。

ただ、オナニーをする用量で、射精する寸前で止める、この 作業を5回程度繰り返す事で自分の射精する瞬間を知ることで、射精を遅延させることができるのです。今まで、オナニーは快楽に身を任せていました。射精したい時に射精する、これは早漏症の人にとって負のループのようです。スクイーズ法はこの悪いオナニーの癖を治すという意味合いもこめられているのだと思いました。

スクイーズ法を繰り返し行うことで、自分が射精しそうな瞬間がやる度に分かってきます。やればやるほど、射精寸前に射精を止めることができる、これがスクイーズ法の一番の治療だということが分かりました。

私の場合は3ヶ月間、スクイーズ法を続け、大分、早漏は改善されました。そして、彼女とセックスをする場合はスーパーカマグラを服用するようにしました。スーパーカマグラを服用することで、5分以上は早漏を遅延することができました。一人の時はスクイーズ法をして、彼女とのセックス時はスーパーカマグラを服用するということを2ヶ月間繰り返し行いました。

2ヶ月半ぐらいで5分から10分まで射精までの時間を遅延することに成功しました。スーパーカマグラの効果はかなり大きいものだと実感しました。彼女も前より大分、満足しているみたいで本当に良かったです。それから、完全に自分の早漏が改善してから 早漏の治療をしていたと彼女にいいました。何かその時は恥ずかしかったので(笑)

今でも1人でする時はスクイーズ法をやっています。もう何か自分の中で習慣化されているようです。本当にスクイーズ法とスーパーカマグラで早漏を治療することができました。4ヶ月掛かりましたが、今では彼女と楽しいセックスライフを送れています! 今回、体験談を書くことで同じ早漏で悩んでる人の救いに少しでもなればと思って書きました。早漏は諦めなければ絶対に治療はできます!これは本当です!

スクイーズ法のまとめ

早漏症は治らない病ではありません。そして早漏は特別な病だと思っている人が多いとは思いますが、世界中で早漏を患っている人が多くいます。プリリジーが世界中で売り上げが多いという事が証明しています。

そして、いつ誰もが早漏を患う場合があります。自慰行為(オナニー)を時間がないという理由で早く終わらせてしまう、またはセックスをしてない期間が1年以上空いている人も注意しましょう。そして加齢による生殖器の衰えからも早漏を患うケースも多いです。

早漏は手術をしないと治らないと思っている人もいるかとは思いますが、早漏の手術はリスクが高く、そして確実に治療できる保証はありません。ですのでスーパーカマグラ、その他、早漏を克服する薬などを駆使し早漏を撃退・治療しましょう。そちらの方が確実に改善・治療に近づけます!早漏を克服し、充実したセックスライフを送るようにしましょう!