早漏改善に最も適した伝統的な早漏トレーニング法がスクイーズ法です!

  1. スーパーカマグラで早漏克服
  2. 早漏改善トレーニング
  3. スクイーズ法

スクイーズ法

早漏改善のトレーニングでスクイーズ法とセマンズ法とあります。ここではスクイーズ法による早漏改善について詳しく説明していきます。この方法は1970年に米国の性科学者マスターズ&ジョンソン夫妻によって発案された理論です。神経を鍛える脳内型の早漏改善トレーニング法です。スクイーズとは日本語に訳すと(ギュッと握る)という意味です

トレーニングのやり方

スクイーズ法は基本的に1人で行います。やり方はとても簡単です。普段通りにマスターベーションをします。射精する手前まで続け射精しそうになったらカリ首の部分をギュッと抑え射精を抑えます。ここで重要な事は射精感をつかむことです。この流れを最初は2~3回繰り返しましょう。
・マスターベーションで刺激させる
・射精したくなったらカリ首をギュッと抑える
・射精感がおさまったら再度、マスターベーションをする

慣れるまでなかなか時間のかかる作業です。慣れてきたら徐々に回数を増やしていきましょう。理想は5~6回繰り返しできるようにしましょう。慣れてきたらイメージも付け加えるようにしましょう。性行為の最中をイメージしてこの方法を繰り返し行うと効果も倍増します。既に精液が出てしまった場合は無理やりに抑えないようにしましょう。スクイーズ法はあくまでも射精感を抑えるものであり精液を止めるものではありません。

スクイーズ法の注意点

この方法に慣れてくると自分の射精感が分かってきます。この射精感を遅らせる事ができれば早漏の改善ができます。医学的に言うと脳の誤作動を修正する事です。射精感を知り射精のタイミングをコントロールしましょう。

※射精時期は脳が命令を出しているという仮説に基づいて書いています。また射精感は非常に感覚的な所でありますので個人差が生じます。また精神的な面も深く関与しています。早漏の原因

効果的なトレーニング法

スクイーズ法はパートナーに協力してもらうとより効果的です。またパートナーがいない場合はローション、オナホール、テンガなどを使うとより効果的です。パートナーの女性に手伝ってもらう場合はオーラルセックス、または騎乗位の状態で射精感を感じたら運動をストップしてもらいましょう。より射精感を意識できるはずです。

すぐには改善はできない

スクイーズ法は伝統的な早漏解消法です。しかし、「ローマは1日にして成らず」スクイーズ法もそうです。即効性はありません。改善の効果が現れるのは最低でも数ヶ月、もしくは数年、効果が無い場合もあります。すぐにでも早漏を改善したいと思うなら、スーパーカマグラがいいでしょう。しかも服用しながらのスクイーズ法ならばかなり早く早漏を改善する事ができるでしょう。実際にスーパーカマグラの臨床試験で7割以上が射精までの時間は3~4倍に伸びたという事が発表されています。

早漏症は治らない病ではありません。スーパーカマグラ、その他、早漏を克服する薬などあるのでそれらを駆使して早漏を撃退しましょう。